【空き家再生計画】中津高生ボランティアが集まってくれました。

どうも。中津川と再生可能エネルギーをこよなく愛する男。武井です。

【ソーラーシェアリングを通して、みんながハッピーになる仕組みつくる】からのひょんなご縁がありまして、空き家を管理することになりました。せっかくなら外国人観光客や中津川への旅行者向けの宿泊施設にすれば有効活用になるなーって。(お伝えしてなくてすいません。)

もちろん、我が心の友 河合君(ゾロ)にマックで会った初日にこの話題を突っ込んだところ

「めっちゃいいですねー。よだれが垂れちゃう」

って。僕もその言葉によだれが垂れちゃいました。

「ただ自分だけで部屋の片付けからリフォームは大変だなぁ。なによりもどうリフォームするかデザイン命。外国人宿泊客に受けるデザイン空間。それが問題だ。学生のボランティアいたら、メタルスライム倒すくらいの経験値上がるんだけどなぁ。出来れば年明け早々に片付けやりたいなぁ」

これが12月20日木曜日の話。

そのあと、メッセンジャーで

「明日、中津高校へ行ってボランティア動員について相談してきます!」

って21日金曜日にさっそく高校行って趣旨説明してきてくれました。

「ボランティア募集OKです!ただ、明日22から24日まで学校休みで25日が修了式です。この日しか募集期間ありません!」 (  ( ゚д゚) ・・・  あなたは神様か何かですかw)

ゾロ:「たぶん、集まらないかもですよ」←珍しく弱気

彼は実は元教員で学生のボランティア事情に詳しいんです。(しかも年明けすぐにテストがあるらしいw)

僕:「一日でも募集期間あれば上等!集まらなくても僕たちにはデメリットないやん!一人でも来てくれたら儲けもの。やらない理由ないっしょ。 OK、募集チラシ僕が作る。僕たちが出来ることを全力でやる。人事を尽くして天命を待つだけだ!」

河合:「ですね!(←すぐ復活) 最終手段は知り合いを一本釣りですね・・・」(←さらにパワーアップ)

次の日、僕にライティングの神様が舞い降りた・・・

その募集チラシがこれ!

いかに高校生が来たいと思ってくれるか?想いが伝わりますように・・・

祈りのレター が完成です。

河合君にデータを手渡すと一発OK!人事を尽くして天命を待つ状態。

運命の25日

河合:「な、なんと13人集まったそうです・・・」

以下 僕の心の中

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ
_, ._
(;゚ Д゚) …!?

以上 現実に戻る・・・

河合:「校長先生が会いたがってます・・・」

武井:「おおおおお!今日いつでもいい。校長先生の予定に合わせる!」

30年ぶりの母校は校長室でのご挨拶になりました・・・

いやー、やっぱり中津高校は素晴らしい! 先生も、生徒もほんといい人たちだ。(ちなみに我が母校である)

(帰りがけに河合君を知ってる先生がいつもこんなにうまく行くと思っちゃダメだよって耳打ちしたのは内緒の話w)

と言うことで年内は今ココ!まで。 募集チラシにあるように

2019 年のスタートはボランティアから始めよう!
人生でターニングポイントになる瞬間ってこの一日になると確信している。
僕たちは君たちの参加を待っている。

そんな気持ちでまだ見ぬ 十代の君たちに出会える日を僕たち二人は待っている。

(涙もろい僕は顔合わせた瞬間に泣くだろうなw)

ボランティア当日につづく!

 

 

 

The following two tabs change content below.
武井 理

武井 理

有限会社タケイ電器・株式会社タケイエナジー代表取締役。岐阜県中津川市で働けて学べて遊べる理想の暮らしを実現させます。 座右の銘はポジティブで行こう!いつも心に花束を。仕事も遊びも全力投球!