【開催報告】中津高校生ゴミ片付けボランティア無事終了しました

2019年年明け早々の1月4日と7日に民泊ハウスのゴミ撤去ボランティアを開催しました!

9時に集合なのですが、色々段取りで朝の8時に行ってきました。

本当に9時に来るのか・・・

おじさんドキドキです。

ぞろぞろ下から歩いてやってきます。

女子高生10名

男子高生3名!自ら手を上げてやってきてくれました。ありがたや。

お互い初対面で、緊張です。そりゃそうですよね・・・

普通に考えて、先生と親くらいですもんね。大人と話すのは。

まずは趣旨説明で、黄色い札が貼ってある備品以外は完全撤去と伝えます。難しいことは無し!

粗大ゴミや入らない物を撤去して空っぽにしようと各人が各部屋へ散っていきます。

ひたすら3トントラックに積んでいきます。

タイムプラスカメラで早回し動画に挑戦しました。

テトリスのように効率よく積んで行きます。これはこれで楽しい。

「ゴミ捨て一緒に行きたい人~!」

「行きたいです~!」

ま、マジかぁ。おじさん嬉しくて感動!

一緒に3トン車でgo!

 

車内でも、進路のこととか部活のこととか話せて新鮮でした。

ITおじさんとしてはSNS調査が特に参考になった。

高一と高三の息子は男だし、お父さんうっとうしい問題があるので(笑)家ではぶっきらぼうですが、女の子だし、親ではないので丁重に扱ってもらえました(笑)

娘さん、いいなー。娘のいるお父さんは人生で10倍得しています。マジうらやましい。

僕にはどうやっても娘の親になる事がが出来ません・・・

(今からでも3人目遅くないですよって言うツッコミは飽きるほど聞きましたので受け付けておりませんw)

ゴミの捨て方でもすべてのことに感心してくれて、楽しかったと言ってくれました。

たぶん ドラクエで言うところのメタルスライムくらいの経験値が手に入った模様。

一方、僕がゴミ捨て言っている間にも外の草むしりをしてくれました。

いやー、13人の高校生パワーは素晴らしい。

僕たちは作業がはかどる

高校生は普段出来ない経験を手に入れられる。

自主的に参加する前提なら完全にwin-winの素晴らしいシステムです。

かなり順調に終わり、3時過ぎには終了しました。

写真で間取りがわからない人用に間取りをyoutubeにアップしています。

ボランティア終了後 お礼の挨拶と今後の予定を話しました。

「本当に今日はありがとう。君たちにはゴミを片付けるというひとつの作業としてのボランティアではなく、頭を使ってこれからキッチンをデザインしようというところまで経験させたい。だから今日で終わりではなく、もし参加したいのならこれからも参加してね。」

って伝えました。

正直、ここから先のデザインは自分で考えれば、さくっと自分なりの正解にたどり着くと思います。

ただ、それでは楽しくない、僕はその空想する楽しみと苦しみをそういう経験したことのない子どもたちに経験させて、それが実際の形になって、価値を生み出し、民泊に泊まる人の満足を生んで対価を得る。

そういう経験をさせたいのです。もし僕が高校生の時にそんな経験をさせてもらっていたら、人生の選択肢が確実に増えていたと思うから。

この経験から何か気づきを得て、彼らの人生にいい影響を与えられたらこんな素晴らしいことはないと思います。

何よりも、このボランティアを通じて一番成長させてもらったのは僕自身だし、可能性の塊の高校生達に自分の知見をすべて与えて、それでも尚、真正面からこれからも勝負出来る大人でありたい。(若いエネルギーを吸い取って若々しさを維持してやるぜ(笑))

最後に記念写真をパチリ。みんなやったった感がありまくり。

いやー。楽しかった。あっという間の一日だった。

追伸。

高校生諸君!おじさんが将来困った時は助けてねw

 

The following two tabs change content below.
武井 理

武井 理

有限会社タケイ電器・株式会社タケイエナジー代表取締役。岐阜県中津川市で働けて学べて遊べる理想の暮らしを実現させます。 座右の銘はポジティブで行こう!いつも心に花束を。仕事も遊びも全力投球!