【民泊リフォーム実務】大工さんからお願いされました

前回のレイアウト勉強会を受けて1/26日に現地レイアウト確定ボランティアを行いました。その間の1/16日に前回のブログの恵那地域塾を行ったのですが、なんとその白熱教室の恵那高の参加生徒が5名この回に参加してくれました! 中津高校と恵那高校の合同ボランティア会です。あぁ感無量!

しかも!大工さんに今日のことを伝えたら、じゃあ、キッチンのクッションフロアはがしをボランティアの人に頼んでよって嬉しい言葉を言ってもらいました。

大工さんは the 職人で高校生ボランティアは怪我が心配だし、解体とかはさせられないなぁとすこーし僕と距離があったのですが、高校生が現地に来たり、いつも僕がボランティアがボランティアの高校生がって伝えてたら熱意が伝わったのか距離が縮まった感じです。

けっして、大工さんが納期に追われて猫の手でも借りたくなったのではございませんからね(笑)

ちゃんと優しい作業だけ残してくれてます。

と言うことで歴史的合同ボランティアの始まり始まり~。

解体前にみんな見てるから、壁や天井がなくなってて一同おおおお~変わってる~って第一声でしたね。

恵那高生は初めての民泊施設に感動してました。ここかぁ話してたのは!って感じです。

まずは自己紹介からです。今回は7名の高校生(男子一人 女子六人)でした。

中津高生と恵那高生はもちろん初めてのご対面。緊張しないように上手に自己紹介を促します。

といいつつも、「いかに一発で自分のことを覚えてもらえるか自己紹介をしよう」と高校生相手にいつもの無茶振りします。もちろん僕が最初に見本を見せましたよ。(笑)なんて自己紹介したかは僕が書くより、高校生ライターのMIUちゃんが自分が参加して開催感想を書いてくれました!そこで紹介してくれます。

しかも恵那田舎塾参加してくれてからの、今回参加から、さらに自己発信を買って出てくれた!ちなみに前回の高校生ライターのあおいちゃんのお友達です。(あおいちゃんの記事はこちら

 もうね。嬉しくて嬉しくて。こんな経験普通じゃ出来ません。お金じゃ買えませんし、何よりどこにも売ってません!

ディズニーよりも夢の国です。

と言うことでおじさんは超満足ですので、ここから先の出来事はMIUちゃんにバトンタッチします。(絶対みんな僕のブログより高校生のブログを読みたいに決まってるw)

みんな、温かく迎えてくださいね~。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
武井 理

武井 理

有限会社タケイ電器・株式会社タケイエナジー代表取締役。岐阜県中津川市で働けて学べて遊べる理想の暮らしを実現させます。 座右の銘はポジティブで行こう!いつも心に花束を。仕事も遊びも全力投球!