【高校生ライターデビュー第二弾】リフォームボランティア 体験記です。

 みなさん、初めまして。恵那高のMiuです!あおいちゃんに続いて私もライターデビューしました。初めてで緊張ですが、皆様よろしくお願いします。

 以前学校に武井さんと河合さんが田舎塾の講演に来て下さり、そこでこのプロジェクトに誘って頂きました。なんだかよく分からないけど、楽しそう!やってみたい!と即決でした😁

 とは言っても実際に現場に行くまでは、どんな所なの?どんな広さなの?いまどこまで話が進んでるの?中津校生の人達はどんな人だろう?….不安と疑問でいっぱいでした。でもその分ワクワクドキドキして、今日が待ち遠しくて仕方なかったです!

 そしてボランティア当日。最初に、武井さんからいままでの作業の話や今日やる内容などのわかりやすい説明がありました。そのあと緊張の自己紹介! 名前と、部活と、、一瞬で自分を覚えてもらえる一言!? そんなの、どうしたらいいの〜!!悩みに悩んだ結果、「今の私の一番の悩みは、お菓子作りが苦手でバレンタインをどう乗り切ろうということです💦(ネットで簡単で美味しいレシピを全力で探していることは初対面ではちょっと言いずらかった笑)」これできっとみんなに覚えてもらえたはず!!

 ちなみに武井さんの自己紹介は、

「向井理と名前が一字違いです!国分太一に似てます!」….。

武井さんから画像提供されました。

本人曰く1万円かけて寄せに行ったそうです。

言われてみれば似て…る..かも、? この自己紹介のおかげで、みんなの距離が一気に縮まった気がしました。笑

 それからの作業はとっても楽しかったです!まず、雑巾がけ班とクッションフロア剥がし班に別れて作業しました。私は雑巾がけ班で、大工さん達が前もって作業してくださった後だったので床は真っ白!一拭きする毎に床が光り輝いてとてもやりがいがありました。

この写真も高校生が撮影したのですよ

みんな初めての出来事で楽しそう

綺麗にはがれると気持ちいいw

廊下がピカピカになって気持ちいい! 

各班の仕事が終わったら、次にダイニング&キッチンのデザインをみんなで考えました。6人がけのダイニングテーブル2つに元々あった食器棚、キッチン、冷蔵庫、レンジ台と、配置を決めなければいけないものはたくさん!ほんとに今日だけで、しかもこの人数いる中で、正直それだけの事を決めるのはきっとムリだろうなぁ と思ってました。

 でもそれを可能にしちゃうのが武井さん!

「これを置くとしたらどういうパターンがある?」

「てことは、ここに置くかここに置くかに絞れるよね」

などとテキパキ話を進めて、みんなの考えをまとめてくださいました!!

実際に寸法を測って物を置いてみました。

 中でも難題はIHと流しの位置。どっちをテーブル側にして、どっちを食器棚側にするか、相当悩みました。どっちの方が利用者の方により安全に、スムーズに使ってもらえるのかみんな本気で考えていて、すごく熱い!バチバチやってました笑

 最終的に、どこにするかは好みやなにを重視するかによって変わるので、配管や電気の工事の関係を優先しておまかせすることになりました。平和に解決して良かったです☺

 今回、このボランティアに参加して「みんなでひとつの目標に向かって、本気で考えて作業するのって楽しい!」と改めて思いました!

 これからもこのプロジェクトに沢山関わっていきたいです!そして、みんなで利用者さんに喜んでもらえる民泊を作りたいです! 武井さん、河合さん、早く次のボランティア企画してください!!

充実感いっぱいの顔です。